ホーム > 部門のご案内 > 救急医療を利用する皆さんへ

診療科・部門のご案内

救急医療を利用する皆さんへ

救急医療の現状をご理解ください

山形県では「医師不足」が課題となっており、とくに地域の中核病院での勤務医不足が深刻な問題となっています。

一方で、「夜間の方が空いているから」「昼間は仕事があるから」等の理由で、軽い症状でも休日や夜間に病院の救急外来が混み合い、命にかかわるような重症患者への対応が遅れることが心配されています。また、病院の医師やスタッフが疲弊し、身近な地域の救急医療体制が維持できなくなる恐れもあります。

充実した救急医療体制の維持・構築のために下記事項をご理解いただけますようお願いいたします。

医療機関を受診する際のお願い

  1. 「かかりつけ医」を持ちましょう。
  2. できるだけ「通常の診療時間内」に受診しましょう。
  3. 休日や夜間で比較的症状の軽い方は、「休日・夜間急患センター」や「在宅当番医」を受診しましょう。

なお、休日・夜間急患センター等を受診され、入院や手術の必要がある場合は、直ちに病院等と連携して診療を受けられますので、ご安心ください。

山形県の救急医療体制

【1】初期救急医療(休日・夜間急患センター等)

 休日夜間などに比較的軽症の患者の外来診療を行う。

<医療機関>
・休日・夜間急患センター(9ヶ所)
・在宅当番医(11市町村をカバー)
・かかりつけ医
休日・夜間診療所一覧(山形県ホームページへ)

【2】二次救急医療(地域の中核病院等)

 手術や入院の必要な重症患者の診療を行う。

<医療機関>
・救急告示病院・診療所(37医療機関)
県内救急告示病院・診療所一覧(山形県ホームページへ)

【3】三次救急医療(救命救急センター等

 当院は三次救急医療施設として心筋梗塞や脳卒中などの緊急を要し
 特に重い症状の患者さんの救命を行っております。

<医療機関>
山形県立救命救急センター【※当院】
・公立置賜総合病院救命救急センター
・山形大学医学部附属病院
(山形県立新庄病院、日本海総合病院、鶴岡市立荘内病院)

山形県立救命救急センター ヘリコプターによる救急患者受け入れ要綱

●救命救急センターの医療体制は以下よりご確認ください。
救急科(診療科のご案内)
集中治療関連病棟(病棟ガイド)

救命救急センターを利用するにあたって

当センターは24時間・365日体制で第三次救急医療を行っております。
重症患者の診察や処置で時間を要する場合は、受付順にかかわらずかなりの時間お待ちいただくことがありますのでご了承願います。

平成21年10月1日(木)から、夜間・休日の当日会計を実施しております。

ご用意いただくもの

  • 保険証
  • 診療費
  • 各種医療受給者証
  • 紹介状

※紹介状をお持ちでない方は、非紹介患者初診加算料5,000円を別途ご負担いただいております。なお、この加算料は、「緊急その他やむを得ない事情がある場合」はいただかないこととしており、救急症状により即日入院となる場合と救急車で来院した場合が該当します。

山形県立中央病院のページトップへ移動する