ホーム > 部門のご案内 > 看護部のご紹介

診療科・部門のご案内

看護部のご紹介

副院長兼看護部長挨拶

kanngobucho

副院長(兼)看護部長 認定看護管理者

片桐 千鶴

山形県立中央病院は、県立がん・生活習慣病センター、県立救命救急センターを附置する総合医療センターを形成しています。看護部がめざす看護職像として以下の4つをあげています。私達看護師は、チーム医療の中で、安心と信頼、そして何よりも人間性を大切にした看護を提供できるように努めています。

めざす看護職像

  • 看護の個別性を重視し、理論立てて科学的な根拠を持って看護ケアが実践できる
  • 社会人としての自覚・責任を持ち豊かな人間性を養う事ができる
  • 専門職として自立でき、自己の看護能力を開発・発展させることができる
  • 医療チームの一員として、協働の精神で主体的な行動ができる

kanngobucho

基本理念

  1.     県民の人権を尊重し良質で
  2.     心のこもった看護の提供

基本方針

  1.  健全な病院経営への参画と看護の質の向上を
  2.  目指します

平成29年度看護部目標

  • 病院経営に貢献できるよう取り組みます
  • 救急患者を断らないための院内連携体制の維持・発展に努めます
  • BFH申請に向けた活動を推進します
  • 地域との連携や協働を推進します
  • がん患者への相談支援を充実していきます
  • 患者の回復状況に応じた退院支援を推進していきます
  • 患者の待ち時間短縮のための効率的運営を目指します
  • 病院機能評価受審に向けた改善活動を推進します
  • 組織間・職員間の連携や協働を促進する場を作ります
  • 職員のモチベーション向上を図ります
  • WLBの実現のためPNSの定着を推進します

看護提供体制

看護単位

一般病棟12病棟12単位(循環器病センター含む)のほかに、総合周産期母子医療センタ―(NICU・GCU・MFICU)・救命救急センター(ICU・CCU/SCU・HCU・救急室)・緩和ケア病棟・中央手術部・診療機材部・人工透析室・外来・内視鏡センター・ドック・緩和ケアセンタ―などがあり、相互に連携しながら専門性の高い看護を提供しています。

看護師配置数

一般病棟7:1、特定集中室2:1、ハイケアユニット4:1です。
急性期入院医療の中で、手厚い看護の提供に努力しています。

看護提供方式

現在、モジュール型継続受け持ち方式から、PNS(パートナーシップ・ナーシングシステム)®へ移行中で、平成30年度完全導入を目指しています。
PNSとは、「パートナーとして、対等な立場で相互に補完・協力し合って、その成果と責任を共有するシステム」で、より安全で質の高い看護の提供を目指しています。

勤務体制

病棟の勤務体制の基本は日勤・準夜・深夜勤務の三交代制で、準夜・深夜勤務は各3名、ICUなど一部の病棟は各4名の夜勤体制となっています。

看護部からのお知らせ

先輩看護師の声

<準備中です>

先輩看護師の出身学校

詳しくは下記の募集PDFをご覧ください。
先輩看護師の出身学校

臨時看護師・看護補助者募集のご案内

7:1看護体制及び50:1看護補助体制の下、一緒に働く仲間を募集しております!
詳しくは下記の募集PDFをご覧ください。

山形県立中央病院 臨時看護師・看護補助者募集

看護学生への病院見学のご案内

看護部では、これから就職を希望される看護学生に病院見学をお勧めしています。
日程は毎月曜日を予定しています。詳細は事前の連絡で確認して下さい。
連絡先:023-685-2641 副看護部長室

看護部組織体系・現任教育プログラム概要

資格認定状況

山形県立中央病院のページトップへ移動する