ホーム > 部門のご案内 > 看護部のご紹介

診療科・部門のご案内

看護部のご紹介

副院長兼看護部長挨拶

kanngobucho

副院長(兼)看護部長 認定看護管理者(CNA)
菅井 憲子

山形県立中央病院は、県立がん、・生活習慣病センター、県立救命救急センターを附置する総合医療センターを形成しています。チーム医療を推進するうえで、看護においても個別性のある多様性が求められ、看護師の役割が重要になってきます。看護部がめざす看護職像として以下の4つを挙げています。看護のすばらしさを発見・実感し、専門職としての誇りを持ちながら、成長し続けられる看護部を目指します。これからも県民の皆様に安全・安心な、心あたたかい看護を提供できるよう努めてまいります。

めざす看護職像

  • 看護の個別性を重視し、理論立てて科学的な根拠を持って看護ケアが実践できる
  • 社会人としての自覚・責任を持ち豊かな人間性を養う事ができる
  • 専門職として自律でき、自己の看護能力を開発・発展させることができる
  • 医療チームの一員として、協働の精神で主体的な行動ができる

めざす看護職像

看護師長会  

kanngobucho

看護師長会はリーダーシップを発揮し、コロナに負けない強い気持ちを胸に今年も県民の健康向上に貢献していけるよう努めていきます。
師長PNSを導入し3年目となりました。パートナー同士マインドの醸成を図り看護管理能力の向上に努めます。

基本理念

  1.     県民の人権を尊重し良質で
  2.     心のこもった看護の提供

基本方針

  1.  健全な病院経営への参画と看護の質の向上を
  2.  目指します

看護部目標

  • 新患者数の増加を目指し、患者数の確保に取り組みます
  • 患者満足度の向上を目指し、安全で満足度の高い医療の提供を行います
  • 感染対策を徹底し、院内感染防止に取り組みます
  • 適切なベッドコントロールによる病床利用率の向上を目指し、チーム医療の推進に取組みます
  • ICTを活用し、研修の充実を図り、人財育成に努めます

看護提供体制

看護単位

一般病棟11病棟11単位(循環器病センター含む)のほかに、総合周産期母子医療センタ―(NICU・GCU・MFICU)・救命救急センター(ICU・CCU/SCU・HCU・救急室)・緩和ケア病棟・中央手術部・診療機材部・人工透析室・外来・内視鏡センター・ドック・緩和ケアセンタ―などがあり、相互に連携しながら専門性の高い看護を提供しています。

看護師配置数

一般病棟7:1、特定集中室2:1、ハイケアユニット4:1です。
急性期入院医療の中で、手厚い看護の提供に努力しています。

看護提供方式

当院ではPNS(パートナーシップ・ナーシングシステム)Ⓡを導入しています。PNSとは「パートナーとして、対等な立場で相互に補完・協力し合って、その成果と責任を共有するシステム」で、より安全で質の高い看護の提供を目指しています。

勤務体制

病棟の勤務体制の基本は日勤・準夜・深夜勤務の三交代制で、準夜・深夜勤務は各3名、ICUなど一部の病棟は各4名の夜勤体制となっています。

看護部からのお知らせ

先輩看護師の声

下記のPDFをご覧ください。
先輩からのメッセージ

先輩看護師の出身学校

詳しくは下記の募集PDFをご覧ください。
先輩看護師の出身学校

看護師・看護学生への病院見学のご案内

看護部では、これから就職を希望される方を対象に病院見学をお勧めしています。
日程は毎月曜日を予定しています。詳細は事前の連絡で確認して下さい。
連絡先:023-685-2641 副看護部長室

看護部組織体系・現任教育プログラム概要

臨時看護師・看護補助者募集のご案内

7:1看護体制及び25:1看護補助体制の下、一緒に働く仲間を募集しております!
詳しくは下記の募集PDFをご覧ください。

山形県立中央病院 臨時看護師・看護補助者募集

全国の医療機関で看護補助者を募集しています

資格認定状況

2021年度  専門看護師 及び 認定看護師名簿[PDF]

専門看護師の取り組み
認定看護師の取り組み

山形県立中央病院のページトップへ移動する