ホーム > 部門のご案内 > 栄養管理室

診療科・部門のご案内

栄養管理室

栄養管理室とは

栄養管理室では、効果的な治療が行えるよう、患者さん一人ひとりの栄養状態や病態を考慮し、栄養管理計画書の作成や栄養指導、食事の調整などを行っています。

栄養管理室ビジョン

病院機能と質の高い医療を支える、一人ひとりに対応した適正な栄養管理と満足度の高い食事の提供

栄養管理について

  1. 栄養食事指導や助言
    入院・外来の患者さんに対して、医師の指示を受けた管理栄養士が、病気治療に関した適切な食事の摂り方についての栄養食事指導や助言を行っています。
    外来栄養食事指導  月曜日~金曜日 午前10時~11時 または午前11時~12時
    入院栄養食事指導  月曜日~金曜日 午前10時~11時 または午前11時~12時
    (入院の栄養食事指導や助言は、病室で行う場合もあります。)
  2. 個別栄養管理
    入院された方で食欲がないときや、栄養や食事についての疑問等があった場合には、病棟担当の管理栄養士がお伺いし、ご相談にお応えしています。担当看護師を通してお気軽にお申し出ください。

入院中の食事について

入院中の食事は当院で用意いたします。適正な食事や正しい食習慣を体験していただく良い機会であることと食中毒防止の面から、食物、特に生もの等は自宅からお持ちにならないようにお願いしております。

1.食事の種類

患者さんの病状に即した栄養成分管理により、食事を提供しております。
大きく分けて「一般食」と「特別食」の2種類に分けられ、約200種類の食事を準備しています。食事療法が必要な方については、担当医師の指示により、「特別食」を召し上がっていただきます。

一般食
成人常食、成人常ハーフ食、軟菜食、軟菜ハーフ食
妊婦食、学童食、幼児食、離乳食、ミルク
五分粥食、三分粥、やわらか食、重湯食
食欲不振対応食、摂食・嚥下障害対応食(嚥下食1~3、ムース食、ブレンダ―食、ピュレ食)、串刺し食、流動食
特別食
食事の種類
対象となる疾患
特  徴
エネルギーコントロール食 糖尿病、肥満、脂質異常症、肝臓疾患、痛風等 1200・1440・1600・1840・2000kcalの5段階。身長・労作等により指示されます
塩分コントロール食・高血圧食 心臓病、高血圧症、脳血管疾患等 減塩(塩分は6g未満)。エネルギーも上記の5段階に調整
たんぱくコントロール食 腎臓病、糖尿病性腎症、肝臓疾患等 減塩(塩分6g未満)と、たんぱく質を30~60gに調整した食事
透析食 透析導入時 塩分・水分・カリウム・リン等を調整した食事
脂質コントロール食 膵臓、胆嚢疾患 脂肪を制限(2~40g)した食事
潰瘍食・消化管術後食 胃・十二指腸・食道潰瘍とその手術後 重湯・3分・5分・全粥・米飯までの消化のよい食事
BCR・加熱食  無菌室(BCR)入室時、白血球減少時 加熱調理し生菌数を減らした食事
低残渣食 クローン病、潰瘍性大腸炎等 食物繊維を控えた残渣の少ない食事
貧血食等 鉄欠乏性貧血 鉄分20㎎以上に調整した食事

 

2.食事サービスについて

朝食:7時45分 昼食:12時 夕食:18時
食事は保温保冷配膳車により、温かい料理はあたたかく、冷たい料理は冷たい温度でお届けします。

病院の食事は病室または各階の食堂で召し上がれます。

病態や嗜好を考慮し、必要に応じて個別に食事調整しています。治療に支障がない範囲で下記の対応を行っています。特別食では対応できない場合もあります。

①主食…米飯、軟飯、お粥、パン、おにぎり等があり、小盛や大盛の対応もできます。
②牛乳…牛乳が飲めない場合にはヨーグルト等に変更できます。
③各種食物アレルギー等にも対応しています。


3.特徴ある食事の提供

●食欲不振対応食

がん化学療法、放射線療法やつわり等により、食事がとれない方向けの食事
ほほえみ食、低刺激ほのぼの食、さやわか食、プチセレクト食、単品食などがあります。

ほほえみ食

[ほほえみ食]

あっさり、さっぱり、濃い味も…
少量の盛付
毎食果物又はデザート付
煮魚などにおいの気になる料理は
控えめになっています。

低刺激ほのぼの食

[低刺激ほのぼの食]

酸味・辛味を抑えた刺激の少ない料理
料理は薄味又は味なし調理とし、
添付のパック調味料により、
自分の好みで味付可能です。

ほほえみ食

[プチセレクト食 ]

患者さんの嗜好に合わせて
ホットケーキ、焼きそば、
スパゲティ、アイスなど
19種類から選ぶ事が可能です。

●摂食・嚥下障害対応食

飲み込みや噛む力が弱い方向けの食事

嚥下食1~3

[嚥下食1~3]

ゼリーを基本とした食事です。
嚥下障害の程度により3段階の食事を準備しています。
(写真は嚥下食3)

ムース食

[ムース食]

ムース・きざみ状であんかけ等により飲み込みやすくした食事です。
歯茎で咀嚼が可能な硬さになっています。

ピュレ食

[ピュレ食]

噛む力が弱く、固形状の料理が
食べにくい方向けの食です。

ブレンダー食

[ブレンダー食]

ピュレ食より水分が多く流動性のある食事です。
食道狭窄等で通過障害がある方向けの食事です。

やわらか食

[やわらか食]

見た目の形態はそのままに、やわらかく調理した食事です。
歯茎で咀嚼が可能な硬さになっています。

●串刺し食

利き手が使えない場合や、骨折や安静が必要なために起き上がることが難しい方向けの食事

串刺し食

[串刺し食]

4.うるおいを感じていただくための食事の工夫

①選択メニュー

食事の種類により朝食と昼食(または夕食)について、A食・B食の2種類の献立をご用意しておりますので、お好きな方をお選びいただくことができます。
選択メニューの実施日は病棟(予定)献立表によりお知らせします。選択メニューの実施による料金の追加はありません。

②中央病院オリジナルメニュー

平成20年度からは年4回、地産地消・郷土料理等も取り入れたオリジナルメニューを実施しています。
平成27年度のテーマ「俺だあおやぎの料理シリーズ」

フレンチ

俺だあおやぎのフレンチ

☆2種のパン盛り合わせ
☆マッシュルームスープ
☆豚肉のポワレ
☆ベビーリーフのサラダ
☆プチトマトのマリネ
☆デザート盛り合わせ

割烹

俺だあおやぎの割烹

☆きのこごはん
☆生麩のすまし汁
☆秋の味覚炊き合わせ
☆白和え風サラダ
☆季節野菜のマリネ
☆かぼちゃ寒天

③行事食

ひな祭り、花笠まつり、クリスマスなどの催事に合わせた行事食を年間30回提供し、季節感と潤いを感じていただいております。
毎月28日は「つや姫」の日です。1日を通して米飯からお粥まで、すべての主食に「つや姫」を使用しています。

④出産祝い膳

当院で出産された方は、お祝い膳を用意しております。
ごはんとパン、肉料理と魚料理からお好きな組み合わせを選んでいただくことができます。

出産祝い膳

出産祝い膳

山形県立中央病院のページトップへ移動する