ホーム > 医療関係者の方へ > [現行制度]後期臨床研修について

医療関係者の方へ

[現行制度]後期臨床研修について

募集概要

山形県立中央病院におけるレジdeントは、初期臨床研修修了者を対象とし、専攻科にて専門分野の知識と医術を身につけることを目的とします。

公募により選考しますが、募集については各科別に毎年異なり、定員は全科合わせて15名程度です。
研修開始は原則的には4月ですが、中途採用についてもご相談に応じることが可能ですので、お問合せください。

また、当院は、新専門医制度において、内科、外科、救急科、病理で基幹施設となりました。

後期研修プログラム概要

後期研修では、専攻科にて専門分野の知識と技術を身につけることを目的とします。
当院は、山形県の基幹病院として高度先進医療、がん・生活習慣病センターにおける予防・早期発見、救命救急センターにおける三次救急医療まで幅広く診療活動を行っています。このような環境で多彩な症例を経験し、専門課程を志しながら、臨床医として必要とされる実践的な医学経験を身につけていくことを目標としています。

取得可能な専門医資格

研修期間

1~3年(研修医及び診療科との話し合いにより決定)

研修カリキュラム

各診療科のカリキュラムに基づき、専門研修を行います。

コロラド大学病院短期研修

後期研修期間中、希望の場合、米国コロラド州デンバーにあるコロラド大学病院にて1ヵ月程度の短期研修が可能です。

コロラド大学研修について

後期研修終了後の進路

大学院進学、大学医局入局等。また、さらに専門性を高めるために、再度の専門研修を希望するものについて、チーフレジデントを設けています。

◯後期研修終了後進路(平成25年~27年3月終了者)

進路 人数 所属先
大学入局または大学院進学
20
山形大学
6
第一内 1名、第二内 2名、第一外1名、産婦人 1名、耳鼻咽喉 1名
東北大学
9
循環器内 5名、第二外 1名、麻酔科 1名、心外 1名、神経内1名
他大学
5
北海道大、自治医科大、千葉大、新潟大、群馬大
他市中病院
5
国立がんセンター、自治医科大学附属さいたま医療センター、東京都立小児医療センター等
地域医療派遣
6
 

現在のレジデント

1年次 28名
(うち当院初期臨床研修修了者11名)
2年次 8名
(うち当院初期臨床研修修了者4名)
3年次以上 4名
(うち当院初期臨床研修修了者2名)

研修責任者から

当院は初期臨床研修医として各年度に16名の受入れを行っており、初期研修終了後はほとんどの研修医が更に1~3年、当院でレジデントとして専攻科にて研修しております。また初期研修を他院で行い、後期から入ってこられる医師もおります。いずれの診療科においても充実した研修ができるものと確信しております。

最長で3年間在籍することができますが、「当院で得られるものがなくなった」と感じられた場合には、大学院進学・大学入局など、さらに他施設で専門性を身につけることをお勧めします。

また当院では大学(東北大・山形大・新潟大など)の教授に院内で講義をしてもらっています。そこでは大学に進んだ場合にどんな研究をするのかなどを紹介して頂き、将来進む先を選択する場合の参考にしてもらっています。

大学等でさらに専門性を身につけ、再び当院に赴任され、当院を支えてくれる人材となってくださることを希望しております。

山形県立中央病院のページトップへ移動する