診療科・部門のご案内

麻酔科

基本方針

麻酔とは、手術中に痛みを感じないようにすることだけが目的ではなく、手術中の呼吸や循環の維持などの全身管理も含まれており、安全に手術が行えるようにすることが麻酔科の仕事です。また、手術が終わった後の鎮痛法や、術後の呼吸・循環・脳神経系などの機能を維持して術後の回復を助ける努力も手術中から始まっています。

2012年に手術部のモニターシステムが最新のものに更新され、自動麻酔記録装置も導入されました。より充実した設備のもとで、これまで以上に安全な麻酔が提供できるようになりました。また、当院には、集中治療室など、難しい手術に対する体制も充実しており、各診療科の専門医と連携しながら、最良の医療が提供できるよう努めています。

痛みをとる方法や呼吸・循環を管理する技術は、手術室麻酔ばかりでなく、ペインクリニックや集中治療などにも応用され、麻酔科の守備範囲は広がっています。現在のところペインクリニック外来は行っていませんが、平成26年度中に開設すべく準備しています。また、集中治療に関しても、現在のところ集中治療室への専任医師を配置する余裕はありませんが、初代の麻酔科長の鏡先生の「挿管したら抜管までみる」の方針を受け継ぎ、集中治療室では術後の呼吸管理を主に行っています。

診療内容・特徴

現在、当院麻酔科は常勤医6名と後期研修医1名の7人です。当院は山形県の基幹病院として県内全域から患者さんが紹介されてきます。手術の対象となる患者さんは新生児から90歳を超える高齢者まであらゆる年代におよび、重い合併症(特に心・肺・脳血管合併症)のある患者さんの手術も増えています。また、救命救急センターを併設しているため重症の緊急手術も多く、より高度な麻酔管理が求められます。
最近の麻酔薬および麻酔関連薬の進歩は著しいものがあります。また、患者の状態を把握するためのモニターや気道確保の方法も様々なものが考案されています。これらの最新の機材や知見をできる限り取り入れて、より良い麻酔管理を目指して努力しています。

麻酔の安全と共に術後の疼痛管理も重要な課題です。術後鎮痛には硬膜外麻酔が最も有効とされてきました。しかし、術前の合併症や術後肺塞栓予防のために抗凝固薬や抗血小板薬を投与される患者さんが多くなってきています。このような患者さんでは硬膜外麻酔を行うことが危険な場合があります。最近、超音波診断装置の精度の向上により、安全かつ有効な神経ブロックが可能となり注目されています。当院では、山形県内の他病院に先駆けて各種神経ブロックの応用を進め、四肢の神経ブロックのみならず、体幹部のブロックも積極的に行い、術中管理および術後鎮痛に良好な結果が得られています。また、患者さん自らが必要に応じて鎮痛薬を注入できるPCAポンプの台数も増え、適応のある患者さんの多くに施行可能となりました。 これからも、患者さんの安心と満足が得られる良い麻酔を提供できるよう努力していきたいと考えています。

当院は研修医を育てる教育病院としての性格も持っています。麻酔の研修では指導医と研修医の一対一の指導を行い、麻酔の安全を確保しながら、小児や心臓麻酔にいたるまで経験できる充実した研修となるよう努めています。当院は山形県の中心的な病院であり、手術件数も多く、その内容も多岐にわたっています。充実した設備と多彩な症例に恵まれた当院は、麻酔科の専門医を目指す医師にとっても良い機会を提供できるものと考えます。

スタッフのご紹介

氏名 卒業年度・資格 専門
星 光

昭和57年卒
副院長

麻酔科標榜医
日本麻酔科学会指導医

医師臨床研修指導医

 
山川 美樹子

昭和61年卒
診療部副部長

麻酔科標榜医
日本麻酔科学会指導医
日本ペインクリニック学会認定医

医師臨床研修指導医

 
高岡 誠司

昭和63年卒
中央手術部長

麻酔科標榜医
日本麻酔科学会指導医

医師臨床研修指導医
日本神経麻酔集中治療学会指導医

神経麻酔
星川 民恵

平成12年卒
医長

麻酔科標榜医
日本麻酔科学会専門医

 
岩渕 雅洋

平成13年卒
医長

麻酔科標榜医
日本麻酔科学会指導医
日本周術期経食道心エコー(JB-POT)認定医

医師臨床研修指導医

 
木村 相樹

平成17年卒
医長

麻酔科標榜医
日本麻酔科学会専門医
日本救急医学会専門医
日本医師会認定産業医
BLS、ACLSインストラクター
日本DMAT隊員

医師臨床研修指導医

 
押切 智子

平成19年卒
医長

麻酔科標榜医
日本麻酔科学会専門医

医師臨床研修指導医

 
長谷川 佑介

平成19年卒
医長

麻酔科標榜医
日本麻酔科学会専門医
日本周術期食道心エコー(JB-POT)認定医

医師臨床研修指導医

 
須田 拓郎

平成23年卒

麻酔科標榜医
日本麻酔科学会認定医
日本周術期経食道心エコー(JB-POT)認定医

 
渡邉 翠

平成24年卒

麻酔科標榜医
日本麻酔科学会認定医

 
板垣 潤 平成27年卒  

術例・治療例(平成27年度)

術例・治療例名 件数 備考
麻酔科管理症例 2,317  
 全身麻酔(単独) 934  
 全身麻酔(硬膜外麻酔併用) 328  
 全身麻酔(脊髄くも膜下麻酔併用) 10  
 全身麻酔(末梢神経ブロック併用) 1,015  
 脊髄くも膜下麻酔、硬膜外麻酔 30  
緊急手術 326  

年齢

年齢 件数 備考
5歳以下 171 1歳未満:25例
6~15歳 151  
16~65歳 907  
66~79歳 788  
80歳以上 301 最高齢:101歳

診療科

診療科名 件数 備考
外科 618 緊急手術:144例
小児外科 111 緊急手術:13例
整形外科 221  
形成外科 140  
脳神経外科 119 緊急手術:31例
呼吸器外科 251  
心臓血管外科 186 緊急手術:36例
泌尿器科 206  
産婦人科 144 緊急手術:21例
頭頸部・耳鼻咽喉科 321  

 

施設認定

  • 日本麻酔科学会認定施設
  • 日本集中治療医学会専門医研修認定施設

山形県立中央病院のページトップへ移動する