ホーム > 診療科のご案内 > 消化器内科からのお知らせ

診療科・部門のご案内

消化器内科からのお知らせ

ピロリ菌と胃癌

1983年にオーストラリアのワレン、マーシャルらにより発見されたヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)は、慢性活動性胃炎を起こし、萎縮性胃炎への進展に強く関わっているグラム陰性桿菌という細菌です。強いウレアーゼ活性を有するため、強酸状態である人間の胃の中に住みつくことができるのです。また、消化性潰瘍患者におけるピロリ菌感染率は高く、ピロリ菌は消化性潰瘍の重要な病因と考えられています。これらの発見の功績で、彼らは2005年のノーベル医学生理学賞を受賞しました。

ピロリ菌と胃癌の関連については、血清抗体を用いた疫学的研究により1991年に欧米の研究者から報告されました。長期保存されていた血清を用いて、将来的に胃癌の発生した群が、胃癌が発生していない群に比しピロリ菌の感染率が有意に高率であったことを示したものでした。1994年にはWHO(世界保健機構)が、上記の疫学的研究を根拠として、ピロリ菌を「明らかな発癌物質」と定義し、ピロリ菌と胃癌の関連が世界的に大きく注目されることとなりました。1998年にはピロリ菌感染スナネズミからの胃癌発癌実験の報告が我が国の研究者から相次いでなされました。

ピロリ菌感染が胃癌の発生に重要な役割を果たしている事実が明らかになるにつれ、人間におけるピロリ菌除菌による介入試験が数多く計画され、注目されることとなりました。中でも2004年に報告されたウォンらによる中国での大規模な介入試験は有名です。中国でも胃癌死亡率が高い福建省の長楽地区において、胃癌や胃潰瘍を認めない健康なピロリ菌感染者1,630名を、除菌群(817名)と非除菌群(813名)に無作為に分けて1994年から2002年までに7.5年間経過観察し、胃癌は除菌群から7例、非除菌群から11例発見され、両群に有意な胃癌発生率の差は認めないという結論でした。

胃癌症例が多くかつ早期胃癌の診断治療能力の高い国、日本からの本格的な前向き研究が検討され、胃癌発生率の高い超高危険群である早期胃癌EMR(内視鏡的粘膜切除術)後の患者さんを対象とした研究が計画されました。当院を含む全国51施設からなるジャパン・ガスト・スタデイ・グループ(JGSG)が組織され、早期胃癌に対するEMRが施行されたピロリ菌陽性の505例を対象とし、除菌群255例、非除菌群250例に無作為割付し、6ヶ月、1、2、3年後まで内視鏡検査を行い、二次胃癌の発生の有無を確認しました。登録は2001年1月から開始され、2003年7月に締め切られました。2006年9月に最終解析が行われ、除菌群から9例、非除菌群から24例の二次胃癌が確認され、除菌群において二次胃癌の発生が有意に抑制されたことが明らかとなりました。この研究内容は、2008年5月に米国サンデイエゴでのDDW(アメリカ消化器病学会週間)において、JGSGを代表して当院の深瀬が口頭発表を行い、その論文は同年8月に英国の医学雑誌のランセット誌に掲載され、世界に向けて情報発信されました。この論文により、早期胃癌EMR後の患者さんにおいては、ピロリ菌除菌により二次胃癌の発生は1/3以下に抑制されること、すでに早期胃癌が発生していたとしても、また萎縮性胃炎や腸上皮化生が存在していても除菌効果が認められることなどの根拠(エビデンス)が明らかになりました。

現在我が国において①「胃潰瘍・十二指腸潰瘍」②「早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃」、③「胃MALTリンパ腫」、④「特発性血小板減少性紫斑病(ITP)」⑤「ヘリコバクター感染胃炎」が除菌対象疾患になっています。

早期胃癌の内視鏡的切除術(EMR/ESD)

胃癌の中でも、転移がない早期胃癌に対しては内視鏡的粘膜切除術(EMR)での根治が可能です。胃癌治療ガイドラインでは、①2cm以下で肉眼的粘膜内癌(最も表層に留まっているように見える癌)と診断される癌で、②組織型が分化型(悪性度の弱い癌)で、③陥凹型では潰瘍や潰瘍瘢痕を伴わないもの、以上の3条件を満たすものが対象とされています。

当院でも上記の病巣を対象に、全国でも先駆けて1978年7月からこの治療を開始し、2009年12月までには1,018例、1,102病変の早期胃癌に対してEMRを施行しました。当院では2本の穴(鉗子口)があいている特殊な治療用の内視鏡(2チャンネルスコープ)を用い、把持鉗子というもので病巣を持ち上げ、スネアという金属の輪で絞めて高周波電流を流して切除する、2チャンネル法を主として行っています。胃粘膜内癌に対するEMRにおける、出血や穿孔(胃壁に穴があくこと)などの偶発症は4%、遺残再発率は7.4%、治癒率は97.5%と全国的にみても良好な成績を示しています。

しかしEMRの手技では切除できる大きさに限界があり、かつ胃癌の存在する部位によっても難易度が大きく影響されます。そこで登場したのが内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)です。病巣の周囲にマーキング(印を付けること)をし、ヒアルロン酸という液体を粘膜下層に局注し膨隆させ、フックナイフ(最近では鋏型のSBナイフ)を用い剥離切除します。治療時間がかかり(平均90分)、偶発症発生頻度がEMRより高い(13%)手技ですが、病巣の確実な一括切除が可能となります。当院ではESDを2002年7月から導入し、2009年12月までに354例、376病変に対し施行しました。

当院では日本消化器内視鏡学会の認定指導医、専門医がチームを作り治療法を検討したうえで、EMRとESDの2つの手技から最適な方法を選択して施術しています。

慢性ウイルス肝炎(B型、C型)の治療について

慢性ウイルス肝炎は症状に乏しく、知らない間に肝硬変・肝がんに進行する恐ろしい病気です。どちらのウイルスも血液を介して感染します。これまで肝炎ウイルス検査を受けた事がない方は、ぜひ受けてください。
B型慢性肝炎は、HBs抗原量やウイルス量(HBVDNA量)、ジェノタイプが測定できるようになり、発癌とウイルス量の関係が明らかにされてきています。治療の考え方が変化してきており、以前はHBe抗原のセロコンバージョンが目的でしたが、ペグインターフェロンの保険適応が認可された後は、HBs抗原のセロコンバージョンを目指す治療方針となりました。新しい薬剤が発売され、肝炎コントロールがしやすくなっています。一方で、B型肝炎再活性化の問題があります。以前にB型肝炎にかかった方で、免疫抑制剤や抗がん剤治療を受ける場合には注意が必要です。落ち着いていたウイルスが暴れだし、肝炎を引き起こすことがわかってきました。
C型慢性肝炎の治療の進歩はめざましく、以前はインターフェロン療法が中心でしたが、2014年の秋からはインターフェロンを使用しないインターフェロンフリー療法が中心となっています。インターフェロンフリー療法は経口薬だけで治療するものです。外来通院で治療ができ、副作用は少なく、治癒率が高く、治療期間の短縮がもたらされ、治療は劇的な変化を遂げています。治った患者さんからは、「ご飯がおいしくなった」、「疲れなくなった」などの声をいただいております。意外と気づかれない症状があるのだと思います。
肝炎対策は国を挙げて行われており、治療費負担の軽減のため、平成20年度から肝炎治療医療費助成制度が始まり、B型・C型肝炎に対する抗ウイルス治療に適応されました。ガイドラインにのっとり、積極的に治療を行っています。当院は、肝炎治療医療費助成制度の指定病院であり、日本肝臓学会の認定施設となっています。

肝がんの早期発見と治療について

肝がんは五大がんの一つで、死亡者数は、男性で3位、女性で4位を占めていました。様々な肝炎の治療がなされ肝がんは減少傾向にあります。通常のがんと違って、肝がんになる方の9割以上が、何らかの肝疾患に罹患しています。以前はB型・C型慢性肝炎が肝癌の原因の8割を占めていました。最近はウイルス性肝炎の頻度が低下し、非B非Cといわれる患者さんの頻度が増加傾向にあります。アルコールはもちろん、メタボリックシンドロームや糖尿病など、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)に関与する方も注意が必要です。肝がんの早期発見のために、肝疾患を有する方には、定期的な血液検査と、腹部超音波検査(エコー検査)がなされます。そのため15mm以下の小肝がんが発
見される事は珍しくありません。新しい造影剤を使用したMRIや造影超音波検査の進歩が、肝がんの発見に寄与しています。治療は、手術(肝切除)、ラジオ波焼灼療法、エタノール注入療法、肝動脈塞栓術、動注化学療法、全身化学療法などが行われております。患者さんの状態に合わせて治療法の選択がなされます。

山形県立中央病院のページトップへ移動する