診療科・部門のご案内

救急科

救急科について

山形県立救命救急センターは県立中央病院に併設しているため、救急室を共有する形で運営されています。救急科のスタッフは現在10名ですが、今年度は山田尚弘が東北大学病院に、中塚峻が埼玉赤十字病院に研鑽のために国内留学しています。辻本雄太は集中治療業務専任で主に集中治療室入室患者の診療にあたっています。救急科での主な業務は救急患者の初期診療並びに集中治療(CPA蘇生後、多発外傷、急性薬物中毒、敗血症などの全身管理)、ドクターヘリ業務や、救急隊・救急救命士の病院実習指導、プレホスピタルにおけるメディカルコントロール(直接指導、事後検証、症例検討)、ドクターヘリ症例検討会などの救急隊関連業務、研修医・山形大学医学部学生実習指導等を行っています。また、院外ではBLS/ACLS(一次二次救命処置)指導やJPTEC/JATEC(外傷標準診療)指導、MCLS(災害医療)指導、DMAT隊員養成講習会指導等、救急医療の普及啓発も行っています。

救急室(ER)

救急室(ER)

救急レビューの風景

救急レビューの風景

スタッフのご紹介

森野 一真

昭和60年卒
救命救急センター副所長 

日本救急医学会救急科専門医
日本外科学会認定医
日本消化器外科学会認定医
日本熱傷学会専門医
日本航空医療学会認定指導医
JATEC, JPTEC, ITLS, ICLS, MLLS,DMAT等インストラクター

厚生労働省DMAT検討委員、日本DMAT隊員
日本国際緊急援助隊隊員

医師臨床研修指導医

災害医療
救急医学
外科学

瀬尾 伸夫

昭和54年卒
救命救急センター診療部長

日本外科学会外科専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
日本医師会認定健康スポーツ医
日本体育協会公認スポーツドクター
日本がん治療認定医機構暫定教育医
日本航空医療学会認定指導医
BLSディレクター
ACLSインストラクター

日本DMAT隊員

医師臨床研修指導医

救急医学
外科学

武田 健一郎

平成9年卒
診療部副部長

日本救急医学会救急科専門医
日本プライマリ・ケア学会専門医
日本内科学会総合内科専門医・認定内科医
日本温泉気候物理医学会温泉療法医
日本医師会認定産業医
日本体育協会公認スポーツドクター
JPTEC、ICLS、JMECCインストラクター
日本DMAT隊員
救急救命士

医師臨床研修指導医

救急医学
佐藤 精司

平成11年卒
診療部副部長

日本救急医学会救急科専門医
日本外科学会認定医
ITLS、ICLSインストラクター
日本DMAT隊員

医師臨床研修指導医

救急医学
辻本 雄太

平成17年卒・平成27年大学院卒
医長
ICU室長

日本救急医学会救急科専門医
日本集中治療医学会専門医
日本航空医療学会認定指導医
JATEC、 ITLS、ICLSインストラクター
日本DMAT隊員

医師臨床研修指導医

救急医学
集中治療医学
門馬 法子

平成21年卒
医長

日本救急医学会救急科専門医
日本DMAT隊員
ICLSインストラクター

医師臨床研修指導医

救急医学
山田 尚弘

平成23年卒

日本救急医学救急科専門医
JATECインストラクター
日本DMAT隊員

 
鈴木 有大 平成20年卒 地域医療
中塚 峻

平成25年卒

JATEC、ICLSインストラクター
日本DMAT隊員

救急医学
横川 京子

平成26年卒

JATEC、ICLSインストラクター
日本DMAT隊員

救急医学

施設認定

  • 救急告示病院(三次救急医療)
  • 日本救急医学会専門医指定施設
  • 日本集中治療医学会専門医研修施設
  • 日本航空医療学会指定施設

山形県立中央病院 救急科専門研修プログラムのご案内

経験豊富な指導医が中心となり救急科専門医や他領域の専門医とも協働して、専攻医のみなさんに広く臨床現場での学習を提供します。
平成29年度から当院で救急科専門医の取得を目指すドクターは

  1. 現行制度で救急科専門医の取得を目指す
  2. このたび公開した「山形県立中央病院 救急科専門研修プログラム」で救急科専門医の取得を目指す

のいずれかとなります。(詳しくは、日本救急医学会のホームページをご覧ください。)

なお、平成29年度採用の専門研修医の公募は9月を予定しております。

> 山形県立中央病院 救急科専門研修プログラム
> 研修プログラム応募申請書(レジデント・チーフレジデント選考申込書)

山形県立中央病院のページトップへ移動する