ホーム > 診療科のご案内 > 形成外科

診療科・部門のご案内

形成外科

診療内容・特徴

当科では山形県の中核病院にある性格上、広く治療を行っています。唇裂、口蓋裂、小耳症、頭蓋骨早期癒合症、小顎症、手足の奇形、尿道下裂、漏斗胸、臍ヘルニア、眼瞼下垂顔面神経麻痺に伴う変形、乳房再建、胸壁再建、母斑・血管腫に対するレーザー治療、硬化治療療法、顔面骨骨折などの外傷、熱傷治療等を行っています。

術後の瘢痕及び瘢痕拘縮を含め、不安な際は来院の上、ご相談下さい。

スタッフのご紹介

氏名 卒業年度・資格 専門
太田 勝哉

昭和58年卒・ 昭和62年大学院卒
研究検査部長

日本形成外科学会専門医
日本熱傷学会専門医
(日本褥瘡学会評議員)
日本形成外科学会皮膚腫瘍外科指導専門医
日本創傷外科学会専門医

医師臨床研修指導医

頭蓋顎顔面外科
熱傷
唇裂口蓋裂
乳房再建
齋藤 八十

平成18年卒
医長

日本形成外科学会専門医

 
隅田 優介

平成24年卒
医師

がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

 

手術数(平成28年)

術例 件数(入院、外来含む)
熱傷・凍傷・化学損傷・電撃傷の手術例 7
顔面軟部組織損傷 29
顔面骨折 6
頭部・頚部・体幹の外傷 2
上肢の外傷 3
下肢の外傷 7
外傷後の組織欠損(2次再建) 1
唇裂・口蓋裂 5
頭蓋・顎・顔面の先天異常 20
四肢の先天異常 3
体幹(その他)の先天異常 6
良性腫瘍(レーザー治療を除く) 102
悪性腫瘍 4
腫瘍切除後の組織欠損(一次再建、二次再建) 5
瘢痕、瘢痕拘縮、ケロイド 2
難治性潰瘍 14
炎症・変性疾患 4
レーザー治療(良性腫瘍) 288

 

施設認定

  • 日本形成外科学会専門医研修施設

形成外科からのお知らせ

形成外科より治療方法や、美容外科との違いなど、お知らせいたします。

形成外科からのお知らせ

山形県立中央病院のページトップへ移動する