ホーム > 診療科のご案内 > 歯科口腔外科 > 歯科口腔外科からのお知らせ

診療科・部門のご案内

歯科口腔外科からのお知らせ

口腔領域の炎症

口腔領域の炎症は、そのほとんどは口腔内常在菌が原因となり、歯髄炎や歯周炎などの軽度のものから、顎骨炎、骨髄炎、蜂窩織炎などの重症感染症まで多岐にわたります。その多くは、腫れや痛みなどの症状を伴い、これによって様々な機能障害(噛めない、飲みこめない、口が開かないなど)が出現することがあります。一般の歯科治療で治ることがほとんどですが、炎症の重篤度や全身状態によって入院下での治療が必要となることもあります。むし歯や歯周炎から重篤な炎症を引き起こし、入院となることもめずらしくないのです。

口腔領域の腫瘍

口腔領域に発生した腫瘍は歯原性・非歯原性(歯が原因のものと原因でないもの)、良性・悪性に大別されます。歯原性疾患は歯が原因となって発生し、他の領域にはみられない大きな特徴となっています。

1. 良性腫瘍

基本的に摘出術を行いますが、若年者の場合は顎顔面の成長を妨げないような治療方針が必要となります。

2. 悪性腫瘍

口腔領域の悪性腫瘍は全領域の1 ~ 2% 程度ですが、腫瘍の発生・増大に伴う障害(食べる、飲みこむ、話す、味わうなど)は極めて大きいものです。口腔領域の悪性腫瘍の発生頻度は舌、顎骨、唾液腺、歯肉の順に多く、男女比はおおよそ2:1、平均発症年齢は65 ~ 75 歳とされています。
口腔領域の悪性腫瘍の場合、初期の段階では5 年生存率は90%を超えています。何かおかしいなと思ったら、早めに受診してみて下さい。

嚢胞(のうほう)とは

嚢胞とは内部に膿を含んだ袋状の疾患です。歯原性・非歯原性(歯が原因のものと原因でないもの)に大別されます。悪性のものはありませんが、良性腫瘍と同様の治療が行われます。歯原性嚢胞は口腔領域に非常に多い疾患で、その大きさや発生部位などにより治療の内容がことなります。

有病者歯科治療について

近年高齢者人口の急増に伴い、様々な全身疾患を有する患者さんが増えています。このため通常の歯科治療を行うにあたり、一般の歯科医院では対応が難しい患者さんも少なくありません。私ども病院歯科(歯科口腔外科)では、全身疾患を有する患者さんに対して適切に評価・管理した上で、積極的に歯科治療を行っています。

顎の骨折

口腔領域の骨折には歯槽骨骨折(歯を支える部分の骨)から上顎骨々折そして下顎骨骨折、頬骨骨折などがあります。性別では圧倒的に男性が多く、20 歳台、30 歳台、10 歳台の順に続き、原因としては近年交通事故が減少し殴打によるものが増加する傾向にあります。治療は手術をする方法と、手術をしない方法があります。手足の骨折などでは、ギブスによって固定する場合が多いですが、顔にギブスをする訳にはいきませんので、上下の歯をワイヤーなどで結んで固定とすることが多く用いられます。

智歯(親知らず)について

親知らずは前から数えて8 番目にある歯です。通常10 代後半から20 代にかけて萌出します。しかし正しい方向・場所に萌出してくることは少なく、腫れたり痛みの原因となることも多く、症状のある場合はもちろん、症状がない場合でも予防的に抜歯することもあります。(親知らずの位置、方向、形態によって抜歯の方法は変わります。)これまでに親知らずに関して何らかの症状があった方は、受診されてはいかがでしょうか。

顎関節症について

顎関節や咀嚼筋(口を開けたり閉じたりする筋肉)の痛み、顎関節の雑音(口を開けたときに生じるカクカク・…、ジャリジャリ・…などの音)、口が開けられない、開けづらいなどの症状を1 つ以上認めた場合、顎関節症と診断されます。骨の変形や筋肉の緊張、関節円板の障害など病態は多種多様で、簡単なレントゲン写真での検査から場合によってはMRI などを用いながら総合的に診断します。
顎関節症は「かみ合わせ」が原因で生じるものと思われがちですが、必ずしもそうではなく、考え得る様々な原因の1 つにすぎません。また、かみ合わせが原因で肩こりや腰痛が生じると言われているのも同様です。

顎関節の治療は、消炎鎮痛剤の服用、スプリント(マウスピースのようなものです) 療法、理学療法(筋マッサージや開口訓練)、関節内洗浄など、病態や症状に応じて異なってきます。

歯科インプラント治療について

新たに歯科インプラント治療を始めました。
 歯を失った場合には,ブリッジ治療や義歯治療が一般的に行われます。治療に際しては隣在歯を削ったり,残存歯に義歯のバネをかける必要があります。これらは歯にとって負担になります。
歯科インプラントを用いることで隣在歯を削ることやバネをかける必要がなくなり,残存歯の負担を軽減することが可能です。
 また歯科インプラント治療を受けたくても骨量が不足して治療が受けられない場合でも,手術で骨量を増やすことが可能な場合もあります。

注:歯科インプラントに関連した治療は一部の場合を除きほとんどの場合において自由診療になります。
  治療に要する費用は口の中の状態や治療内容により様々ですので担当医にお尋ねください。

 口腔腫瘍,炎症,外傷,先天奇形などにより多数の歯および顎堤(顎骨)を失った場合には,保険診療で歯科インプラント治療を受けることができます。従来の義歯では不安定な場合でも,歯科インプラントを併用することで安定させることができます。保険診療の適応になるかは外来受診して頂いて担当医にお尋ね下さい。

注:う蝕(むし歯)や歯槽膿漏(歯周病)で歯を多数失った場合には保険診療は適応されません。

山形県立中央病院のページトップへ移動する