ホーム > 診療科のご案内 > 整形外科

診療科・部門のご案内

整形外科

診療内容・特徴

整形外科では、月曜日~木曜日の外来診療、病棟回診、手術を担当しております。毎週月曜日にはカンファレンスを行い、術前術後の症例検討を、手術日は火水木午後、金曜日は午前からとなっています

現在の常勤医5名は、整形外科専門医4名、整形外科研修医1名の構成となっております。専攻分野はそれぞれ異なります。くわしくはスタッフ紹介をご参照下さい。診療内容は骨折などの外傷の治療、膝関節外科、骨軟部腫瘍、上肢・手の外科、股関節外科、関節リウマチなどが主体です。

主な手術は膝人工関節置換術、上肢の手術、関節鏡視下手術、高齢者の大腿骨頸部骨折に対する人工骨頭置換術、骨接合術、骨軟部腫瘍の摘出術などを行っております。

外傷では多発・多臓器外傷が多く、Cold Surgeryでは合併症を有する患者さんの手術依頼が多い傾向です。骨折、脱臼は件数が徐々に増加してきています。ドクターヘリ運用開始から4年が経過し、開放骨折、多発骨折、骨盤骨折などの症例が増える傾向にあります。

救急や紹介での入院の要請については常時対応しております。しかし、満床の場合はご不便をおかけする場合もあるかと思います。ご容赦下さい。

スタッフのご紹介

氏名 卒業年度・資格 専門
朝比奈 一三

昭和54年卒
診療機材部長

日本整形外科学会専門医
日本リウマチ学会専門医
日本体育協会公認スポーツドクター
(日本膝関節学会評議員)
(東北膝関節研究会幹事)

医師臨床研修指導医

膝関節外科
スポーツ外傷
関節鏡
リウマチ

石川 朗

昭和59年卒
地域医療部副部長

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
日本リウマチ学会専門医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
(東北地区骨軟部腫瘍研究会幹事)
(日本リハビリテーション医学会認定臨床医)

医師臨床研修指導医

骨軟部腫瘍の外科治療と癌化学療法
電撃化学療法
リウマチ
古川 孝志

平成5年卒
診療機材部副部長

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医

脊椎外科、外傷
田中 賢

平成12年卒・平成27年大学院卒
医長

日本整形外科学会専門医
日本体育協会公認スポーツドクター

医師臨床研修指導医

膝関節外科
整形外科外傷
スポーツ外傷、障害
仁藤 敏哉

平成23年卒

手の外科、外傷

術例・治療例名 (平成27年度)

手術件数 600件

Cold Surgery

術例・治療例名 件数
124
腫瘍 136
上肢 61
脊椎 11

Hot Surgery

術例・治療例名 件数
骨折・脱臼 248
下肢・その他 20

施設認定

  • 日本整形外科学会認定医制度研修施設
  • 日本リウマチ学会教育施設

Q&A: よくある質問

整形外科にお寄せ頂いたよくある質問の一例をご紹介いたします。

整形外科と外科、形成外科はどこが違うのですか?

整形外科は四肢(手・あし)の骨や関節などの異常と、脊椎(くび、背なか・腰)の異常を担当します。外科は主に内臓の異常を担当します。形成外科は主に体の表面の異常、顔の骨の異常を担当します。

▲Q&A一覧へ▲ページトップへ

整形外科医は美容整形手術もするのですか?

「美容整形」は正確には「美容形成」と呼ばれます。形成外科の一分野である美容形成外科医の担当となります。整形外科医は運動器の外傷と疾病を治療する医師です。

▲Q&A一覧へ▲ページトップへ

整形外科より接骨院の方が早く治ると聞きましたが?

接骨院は柔道整復師という資格を持った方が営業しています。柔道整復師は外科的手段や薬品を使用しないで、主として打撲、捻挫などの比較的軽度の身体障害に対して施術をすることが容認されています。適切な治療を受けるには整形外科医の診断が必要です。

▲Q&A一覧へ▲ページトップへ

ある整形外科で手術を勧められています。どうしたらよいか悩んでいます。

欧米では他の病院の医師の意見を求めることは、ごく一般的なこととなっています。遠慮せずに受診して下さい。しかし、あちこちの病院を渡り歩くことは、患者さんにとって必ずしも得なことではありません。主治医とよく相談の上、紹介状を書いてもらいましょう。

▲Q&A一覧へ▲ページトップへ

手術の時の麻酔が心配です。どういう方法がありますか?

上肢の手術は、ブロック麻酔、下肢の手術は腰椎麻酔で行われることが一般的です。それらの麻酔は意識が失われることなく、安全に痛みのない手術が可能となります。脊椎の手術は全身麻酔が必要ですが、麻酔のトレーニングを積んだ医師が担当します。四肢でも手術の内容によっては全身麻酔で行います。

▲Q&A一覧へ▲ページトップへ

手術の執刀医はどのように決まりますか?

高度の専門的知識・技術を要する場合、その領域の専門医が担当します。研修医が執刀する場合は、専門医が必ず立ち会います。

▲Q&A一覧へ▲ページトップへ

骨折は手術した方が早く治りますか?

手術をしない治療は「保存的治療」と呼ばれます。早期のリハビリテーション、社会復帰を目指すために、手術が行われることが多いのですが、骨折の部位、折れ方などによりギプスなどを用いた保存的治療で十分な場合もあります。

▲Q&A一覧へ▲ページトップへ

人工関節を入れる手術について教えて下さい。

人工関節置換術はすり減ったり、変形した関節の表面を金属などで置き換える手術です。膝関節と股関節では、非常に良好な結果が得られています。10 年以上壊れずに、通常の生活を送ることが可能です。手術の時期や方法は専門医が適切に判断します。

▲Q&A一覧へ▲ページトップへ

手術後の痛みが心配です。

下肢の手術では腰椎の間に直径1 ミリ程度の細いチューブを留置し、そこから持続的に痛み止めを注入することで、痛みは軽減されます。その他にもいろいろな薬、投与方法により大部分の患者さんは、痛みのコントロールが可能です。

▲Q&A一覧へ▲ページトップへ

関節リウマチと言われました。何科で治療を受けたらよいでしょうか?

治療は、薬物療法、運動療法そして手術療法の三本柱から成り立ちます。整形外科では薬物療法、運動療法、手術療法のすべてを受け持ちますが、必要に応じて内科医との連携を密にとっています。

▲Q&A一覧へ▲ページトップへ

山形県立中央病院のページトップへ移動する