診療科・部門のご案内

外科

基本方針・診療内容

当科では、消化器、乳腺、甲状腺からヘルニア、痔疾患まで、多様な疾患を治療対象にしております。高度に進行した悪性疾患(がん)、早期のがん、良性疾患が含まれますが、それぞれの病態にあわせた最適の治療方針を選択しております。高度に進行したがんでは、化学療法、放射線を併用した集学的治療を行い、早期のがん、良性疾患には、機能温存手術やより侵襲の少ない腹腔鏡下手術がおこなわれます。治療成績(癌の場合5年生存率など)の向上はもちろんですが、特に患者さんの術後QOLを重視して、鏡視下手術、機能温存手術を積極的に取り入れております。

当科では、特に悪性疾患(がん)の治療を最重要視しております。高度進行癌も充分なインフォームド・コンセント(治療を始めるにあたり、私達が考えておりますことをお話しします。疾患を有する患者さんに全てをお話しし、御自身の病状を御理解いただき、そのうえで治療を始めます。)の上、できるだけ患者さんおよびご家族の要望に添ったような治療法を選んでいただいています。

がんの治療方法は発生した臓器によって大きく異なっており、それぞれの分野で日々研究がおこなわれ、進歩しております。当科では、その進歩に対応できるように、各医師は、専門とするがんの領域をもち、また当科での治療成績を全国の学会などで報告し、評価をうけております。

最近は御高齢の患者さんが増加しており、いろいろな合併症をお持ちのこともありますが、他の診療科と密接に連携し、総合的な治療をすすめております。

また悪性腫瘍に伴う身体的な苦痛や精神的な苦痛に対しては、緩和ケア部門や心療内科・精神科と連携の上、終末期に限らず生活の質の向上を目指して苦痛を取り除くよう進めてまいります。

なお、術後は安定した時点で紹介元の診療所に継続診療紹介(逆紹介)させていただくことを原則としていますが、再検査が必要な場合など、いつでも再紹介には広く扉を開けております。セカンドオピニオンに関してもお気軽に主治医にお尋ねください。

がんの治療目標と治療成績

手術件数

術例名 件数
胃癌 230例
結腸・直腸癌 232例
肝・胆・膵腫瘍性病変 77例
食道癌 31例

(平成26年)

スタッフのご紹介

氏名 卒業年度・資格 専門
飯澤 肇

昭和54年卒
教育研修部長

日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会指導医
日本消化器病学会専門医
日本肝臓学会専門医
(日本肝胆膵外科学会評議員)

医師臨床研修指導医

肝胆膵外科
福島 紀雅

昭和59年卒・昭和63年大学院卒
がん・生活習慣病センター副所長

日本外科学会専門医

医師臨床研修指導医

胃癌
佐藤 敏彦

昭和60年卒
がん対策部長

日本外科学会専門医
日本がん治療認定機構がん治療認定医

医師臨床研修指導医

大腸癌
櫻井 直樹

平成5年卒
医療安全部長

日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
消化器がん外科治療認定医
日本消化器病学会専門医
日本肝胆膵外科学会認定高度技能指導医
日本胆道学会認定指導医
日本がん治療認定機構がん治療認定医
(日本食道学会評議員、日本肝胆膵外科学会評議員)

医師臨床研修指導医

肝胆膵外科
野村 尚

平成7年卒
中央手術部副部長

日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本食道学会食道科認定医、食道外科専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医

医師臨床研修指導医

胃食道外科
須藤 剛

平成10年卒
医長

日本内科学会認定医
日本外科学会専門医
日本がん治療認定機構がん治療認定医
日本大腸肛門病学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
消化器がん外科治療認定医
日本医師会認定産業医
日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会ストーマ認定士
医師臨床研修指導医

大腸癌
林 啓一

平成14年卒
医長

麻酔科標榜医

 
盛 直生

平成15年卒
医長

日本外科学会専門医

医師臨床研修指導医

 
石山 廣志朗

平成16年卒
医長

医師臨床研修指導医

 
土師 陽一 平成19年卒
医長
 
瀬尾 亮太 平成22年卒  
蘆野 光樹 平成22年卒  
山賀 亮介 平成23年卒  
平田 雄大 平成23年卒  
阿彦 友佳 平成24年卒  
金井 哲史 平成25年卒  
佐藤 みちる 平成25年卒  
佐藤 将人 平成26年卒  
多田 圭佑 平成26年卒  
齋藤 達 平成26年卒  
大嶺 開人 平成26年卒  

山形県立中央病院のページトップへ移動する