ホーム > 診療科のご案内 > 泌尿器科

診療科・部門のご案内

泌尿器科

基本方針

泌尿器科は腎臓と尿管、膀胱、尿道などの尿路と、前立腺、精巣、陰茎などの生殖器の疾患が対象です。当院では、泌尿器癌はもちろん、尿路感染や尿路結石、あるいは尿失禁、勃起障害、男性更年期障害など生活の質に関わる病気にも積極的に取り組んでいます。

8階東病棟では、スタッフが常に笑顔を忘れず患者さんと接することが出来るように、ナースステーションにスタッフの笑顔の写真を飾っています。

泌尿器癌については、手術件数が多く、前立腺全摘術は年間90人程、膀胱全摘術は15人から20人程行われています。膀胱全摘に伴う尿路変向は新膀胱増設にも積極的に取り組み、腎摘除については、できるだけ腎機能を残す部分切除を考慮し、また腹腔鏡手術も取り入れています。

診療内容・特徴

1.前立腺癌

PSA検診の普及により、前立腺癌の発見率が急速に上昇しています。当院では、過去7年間に2859例の前立腺生検をおこない、726例の前立腺癌が発見されています。前立腺の限局した癌に対する前立腺全摘術は年間100例前後行われています。また、前立腺癌には、内分泌療法がよく奏功しますが、内分泌抵抗性となった患者さんには積極的に抗癌剤を使った治療を行っています。ほとんど外来にて治療が可能です。進行した前立腺癌の患者さんにも手術、放射線治療を含め積極的に治療を行っています。手術は、小切開によるミニマム創手術を行っています。

2.膀胱癌

膀胱癌に対する内視鏡手術は年間100例以上行われていますが、表在性膀胱癌(根が浅い癌)には抗がん剤やBCGなどを膀胱内に注入療法することにより再発予防に努めています。また、浸潤性膀胱癌(根が深い癌)で膀胱を摘出せざるを得ない場合は、自然排尿型代用膀胱、回腸導管、尿管皮膚、瘻、など患者さんの生活スタイルとニーズにあった尿路再建を行っています。膀胱全摘術は2013年は17例、2014年は13例に行いました。進行した膀胱がんに対する抗癌剤治療も積極的に行っています。

3.腎癌

多くの症例で腹腔鏡手術がおこなわれ、患者さんに侵襲の少ない治療を目指しています。小さな腎癌に対しては腎機能を温存するため、腎部分切除術を積極的に行っています。インターフェロン治療に加え、新規の分子標的薬も取り入れています。

4.精巣癌

年間10人程度とけっして多い病気ではありませんが早期に転移しやすく、若い患者さんに多いため特に重要な病気です。抗癌剤治療、転移巣摘出手術により根治を目指した治療を行っています。

5.尿路結石

尿路結石は最近増加しており、自然排石が難しい患者さんや症状が強く1日も早く解決したい方が多くなっています。当院では身体の外で発生させた衝撃波を、体内の石に収束させ結石を細かく砕く対外衝撃波結石破砕術や柔らかく細い内視鏡を用いレーザーで治療する手術など積極的に行っています。全身麻酔が必要な子供の結石治療も行っています。

体外衝撃波結石破砕術
(ESWL)
現在、尿路結石に対し最もポピュラーに行われている方法で、身体の外で発生させた衝撃波を、体内の石に収束させ結石を細かく砕く方法です。この方法の最も大きな利点は、身体を傷つけることなく麻酔なしに安全に結石破砕ができることです。当院では年間120人ほどの患者さんが受けられています。
内視鏡手術 皮膚に穴をあけて、そこから腎臓に直接内視鏡を入れて結石を取り除く方法と、尿道口から内視鏡を入れて尿管や膀胱の結石を取り除く方法があります。現在では、軟性で細径の内視鏡を用い、レーザーを使用することで、ほとんどの尿路の結石は内視鏡治療できるようになりました。
年間30人ほどの患者さんが受けられています。

これらの治療にはそれぞれ長所、短所があり、結石の大きさや場所によっても向き不向きがあります。最終的には医師とよく相談した上で決めるとよいでしょう。

6.副腎腫瘍

腹腔鏡手術副腎とは、腎臓の上方に乗っかった長さ3~4 cm、夏みかんのひと房のような外見をした小さい臓器ですが、体のバランス(恒常性といいます)や血圧、血糖などを調節するホルモンを分泌しています。これらのホルモンは全て人体の営みに必須なものですが、副腎に腫瘍が出来て通常必要な量を大きく上回るホルモンが分泌されるようになると、血圧が上昇したり肥満や糖尿病になってきたりと、様々な都合の悪い現象が生じてしまうのです。副腎の病気には、原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫などの副腎腫瘍に対して、内視鏡を用いた腹腔鏡手術を年間12から15例行っています。

スタッフのご紹介

氏名 資格など 専門・研究分野
沼畑 健司

平成2年卒
生活習慣病対策部副部長
教育研修部副部長

日本泌尿器科学会認定指導医
日本泌尿器科学会専門医
泌尿器腹腔鏡技術認定医

がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

医師臨床研修指導医

 
諸角 謙人

平成21年卒
医長

がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

 
勝又 有記

平成22年卒
医長

日本泌尿器科学会専門医

 
黒本 暁人

平成22年卒
医長

日本泌尿器科学会専門医
ミニマム創学会施設基準認定医
日本がん治療認定機構がん治療認定医

がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

 
髙井 優季

平成24年卒

 

 

術例・治療例(平成27年度)

術例・治療例 症例数
前立腺全摘除術 103人
膀胱全摘術 10人
腎(尿管)摘除術、腎部分切除術(腹腔鏡下手術を含む) 45人
腹腔鏡下副腎摘除術 6人
TUR-P 25人
TUR-bt 117人
TUL 47人
体外衝撃波結石破砕術 95人

施設認定

  • 日本泌尿器科学会専門医教育施設

山形県立中央病院のページトップへ移動する