ホーム > 部門のご案内 > 総合周産期母子医療センター > 総合周産期母子医療センターの取り組み

診療科・部門のご案内

周産期母子医療センターの取り組み

母乳栄養を推進しています

  • 母乳は、お母さまだけがお子さまに与えられる大切な栄養であり、
    最も適した栄養です。
  • 直接おっぱいを飲むことが出来ないお子さまでも、お父さまやお母さまに
    出生後出来るだけ早期から、お口の中に母乳を与えていただいています。
  • 退院後もできるだけ母乳育児を行えるように、入院中から支援しています。

母乳栄養を推進します

面会の充実を図っています

  • 面会の充実を図りますお子さまの成長・発達の為に、ご面会はとても大切です。
    ご家族の絆を深まることを目指しています。
  • お父さま・お母さまは24時間面会が出来ます。
    おじいさま・おばあさま、お子さまのきょうだいの面会も出来ます。

きょうだい面会を実際に行ったMくんのお母様より

きょうだい面会を実際に行ったMくんのお母様より

カンガルーケアを推進しています

カンガルーケアとは?

カンガルーケアとは?お父さまやお母さまと、お子さまの肌とが直接触れ合うように、胸の間にお子さまを包み込むように抱っこすることです。
カンガルーケアを行うと、お子さまの呼吸、眠りなどが安定します。
お父さま、お母さまの気持ちもリラックスします。

お父さま、お母さまが安心して抱っこすることができますよう、心電図などのモニターをつけ、スタッフがそばで見守らせていただきます。

カンガルーケアを実際に行ったAちゃんのお父様より

カンガルーケアを実際に行ったAちゃんのお父様より

音楽療法を行っています

  • 音楽療法士が、赤ちゃんを優しくなでながら子守歌や童謡をハミングで歌います。
  • 音楽は心の栄養です。赤ちゃんと家族の方へ、心地よい時間を提供しています。
  • 毎週水曜日に予約制で、ひとり30分で4人まで行っています。

ノートを活用しています

痛みケアをがんばっています

  • 2014年「NICUに入院している新生児の痛みのケアガイドライン」が作成されました。
    それに伴い当NICU/GCUにおいても赤ちゃんの痛みを最小限にしようと医師・看護師が両親と一緒に協力して取り組んでいます。
  • 痛みを伴う処置の前には、ショ糖をなめてもらい鎮通効果を図ります。
  • 処置が終わった後は十分にホールディングや抱っこをします。

ファミリールームに実際に利用したKくんのお父様より

ファミリールームでお過ごしいただけます

ファミリールームとは・・・

ファミリールームとは・・・ 出来るだけ家庭に近い雰囲気で、お子さまと家族が一緒に過ごせるお部屋です。
退院に向けて育児に慣れたり、家庭保育の準備をします。

ファミリールームに実際に利用したKくんのお父様より

ファミリールームに実際に利用したKくんのお父様より

 ※掲載された写真は御家族の了承を得ております。

ノートを活用しています

ノートを活用していますお子さまの日々の様子やご家族の思いなどのやり取りを行っています。
体重やミルクの量、その日の出来事など内容は様々です。

思い出のいっぱい詰まった、世界でひとつだけのノートになります!

ノートを活用しています

卒業生の会「リトルカンガルー」があります

  • 卒業生の会「リトルカンガルー」があります「リトルカンガルー」は、NICU/GCUを退院したお子さまのご家族の会です。
  • 夏・冬の楽しいイベントや、お茶会も不定期で行っています。
    ご家族との交流や、情報交換の場となっています。

きてけろくんクラブを開催しています

  • きてけろくんクラブとは

育児をしているお母さん達が、お子さんと一緒に集まって、普段思っていることや聞きたい事などを自由に語り合えるクラブです。母乳育児に興味のある方、離乳食や保育園で困っていることがある方などぜひご参加ください。様々な月齢・年齢のお子さんと、お母さんが参加しています。(当院で出産していない方でも参加できます。)

    クラブの様子きてけろくん

  • 日時:奇数月の第3火曜日 14時~16時(途中出入り自由)

    平成30年前半は1月16日、3月30日、5月15日を予定しています。

  • 場所:山形県立中央病院 4階東病棟 保健指導室
  • 問合せ先:023-685-2658(山形県立中央病院 4階東病棟)
  • その他

    ・予約は必要ありません
    ・ベビーカー置き場あり、お子様の玩具やおやつ持ち込み可

山形県立中央病院のページトップへ移動する