ホーム > 病院ガイド > 臨床研究について

臨床研究について

主な臨床研究一覧

当院で実施する臨床研究は、山形県立中央病院倫理委員会で承認されています。
平成29年度から実施している臨床研究の主なものをご紹介します。

部門 研究課題名
消化器内科
伊藤 美保
慢性膵炎による難治性疼痛に対する内科的インターベンション治療と外科治療の比較解析-多施設共同前向き実態調査-
内科(血液)
大本 英次郎
強度減弱前処置による移植後シクロホスファミドを用いた血縁者間HLA半合致移植後における併用免疫抑制剤の減量および早期中止の多施設共同第II相試験-Haplo17 RIC-
内科(血液)
大本 英次郎
骨髄破壊的前処置による移植後シクロホスファミドを用いた血縁者間HLA半合致移植後における併用免疫抑制剤の減量および早期中止の多施設共同第II相試験-JSCT Haplo17 MAC-
救急科
瀬尾 伸夫
一般社団法人日本スキンバンクネットワークへの参加
外科
須藤 剛
リンチ症候群の拾い上げ及び遺伝子診断に関する多施設共同研究
外科
須藤 剛
ロンサーフ(TFTD)使用症例の後ろ向き観察(コホート)研究
外科
石山 廣志朗
食道切除後、再建胃管血流把握のためのインドシアニングリーンを用いた蛍光造影法の臨床応用
内科(血液)
大本 英次郎
自家末梢血幹細胞移植施行多発性骨髄腫におけるマルチパラメーターフローサイトメトリーによる微小残存病変の検出法の確立:次世代シークエンサー法との比較検討(UMIN-CTR ID:UMIN000022238)
心臓血管外科
阿部 和男
自己心膜を用いた大動脈弁再建術の安全性と有効性に関する多施設共同遠隔研究
心臓血管外科
阿部 和男
自己心膜による大動脈弁再建術の多施設共同研究体制とデータベースの確立

研究情報の公開について(オプトアウト)

通常、臨床研究を実施する際には、文書若しくは口頭で説明を行い、同意を得て実施します。臨床研究のうち、患者さんへの侵襲や介入もなく診療情報等の情報のみを用いた研究や、診療の際に患者さんからいただいた検体のみを用いるような研究については、国が定めた指針に基づき「対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得る必要はありません」が、研究の目的を含めて、研究の実施についての情報を公開し、さらに、患者さん自身の診療情報の使用を拒否する機会を保障することが必要とされております。

このような手法を「オプトアウト」と言います。オプトアウトを用いた研究は下記のとおりです。なお、研究への協力を希望されない場合は、下記文書内に記載されている各研究の担当者までご連絡ください。

平成29年度に承認

部門 研究課題名
外科
石山  廣志朗
深達度SS/SEの切除可能胃癌に対する網嚢切除の意義に関するランダム化比較試験の附随研究
外科 須藤 剛 ロンサーフ(TFTD)使用症例の後ろ向き観察(コホート)研究
呼吸器外科 塩野 知志 転移性肺腫瘍に対する適切な術式選択
呼吸器外科 塩野 知志 気腔内散布は肺がん部分切除における予後因子である
呼吸器外科 塩野 知志 肺腺癌術後補助化学療法の現状と成績
呼吸器外科 塩野 知志 TNM8版p-stage IIIA肺腺癌における予後因子・再発危険因子の解析
歯科口腔外科
濱本 宜興
萌出阻害病変除去後の埋伏歯の自然萌出に関する臨床的検討
呼吸器外科 鈴木 克幸 当院の肺癌に対する中葉切除例の検討
呼吸器外科 鈴木 克幸 Surgical Outcome of Bronchoplasty in Non-small Cell Lung Cancer Patients
呼吸器外科 塩野 知志 肺癌に対するサルベージ手術の有効性と安全性を検討する多施設共同後ろ向き臨床研究
呼吸器外科 遠藤 誠 乳癌の転移性肺腫瘍に対する手術療法の検討
呼吸器外科 早坂 一希 肺腺癌切除症例におけるEGFR遺伝子変異部位別の予後解析
呼吸器外科 塩野 知志 気腔内散布は肺がん縮小切除における予後因子である
外科 福島 紀雅 胃癌による胃出口狭窄症に対する治療法の実態調査 ERGO-J study
救急科 辻本 雄太 救急初療室における敗血症診断
外科 須藤 剛 卵巣転移、鼡径リンパ節転移に関する研究
外科  盛 直生 術前CT画像で測定した予定残膵P/S比による膵体尾部切除術後膵液漏発生の予測

山形県立中央病院のページトップへ移動する