ホーム > 医療関係者の方へ > がん診療連携拠点病院の指定について

医療関係者の方へ

がん診療連携拠点病院の指定について

県立中央病院の都道府県がん診療連携拠点病院の指定について

当院は、厚生労働省から「都道府県がん診療連携拠点病院」の指定を受けています。
「がん診療連携拠点病院」とは、全国どこでも質の高いがん医療を受けることができるよう国が指定する医療機関で、がんに関する診療体制や研修体制、情報提供体制について国が定めた基準を満たしています。

都道府県に概ね1カ所指定される「都道府県がん診療連携拠点病院」と2次医療圏に1カ所程度指定される「地域がん診療連携拠点病院」があります。

がん診療連携拠点病院の機能

「がん診療連携拠点病院」では、以下の機能を果たしています。

  • 地域におけるがん医療の連携の拠点
  • 自ら専門的ながん医療を実施
  • 在宅医療の推進等の地域医療連携体制の構築
  • がん医療の高度化に対応するための院内外の医療従事者への研修
  • 地域のがん患者・家族等に対する相談支援や情報提供

都道府県がん診療連携拠点病院の役割

 「都道府県がん診療連携拠点病院」として以下の役割を担っています。
 ①

「山形県がん診療連携協議会(構成員:県内各がん診療連携拠点病院、県、県医師会、県歯科医師会、県看護協会)」の事務局設置による以下の協力連携体制の整備促進

  1. 院内がん登録データの分析と評価等
  2. 各種研修に関する計画の作成・調整
  3. 緩和ケア体制の情報交換
  4. 地域連携クリティカルパスの整備
  5. がん患者相談室の充実強化

 ②

県内のがん診療連携拠点病院と連携して、がん診療の質の向上及びがん診療連携協力体制の構築に関して中心的な役割を担います。

・県内のがん診療連携拠点病院が、質の向上のために取り組んでいる事例を紹介 します。

      事例紹介(PDF)

 

山形県立中央病院のページトップへ移動する