山形県立中央病院のページトップへ移動する

産婦人科研修について

[ 2022.08.09 ] [ 研修内容の報告, 研修医の日々の様子 ]

皆さんこんにちは。研修医1年目のH.K.です。研修医として働い始めて4ヶ月が経過しようとしています。

私は今産婦人科を回っています。大学病院では帝王切開や婦人科の手術を中心に見学していましたが、市中病院の県中では加えて妊婦健診や経腟分娩を多く経験することができます。週に2回程度当番があり、夜間に経腟分娩や緊急手術で呼ばれることもあります。夜遅くて大変な時もありますが、元気に赤ちゃんが産まれてきてくれると安心しますね。産まれてきた赤ちゃんの診察は研修医の仕事です。心音、呼吸音、指の本数、背部腫瘤など確認する項目が多くていつも何かしらを忘れてしまいます。その時はもう一度赤ちゃんを見に分娩室に行ってと何度も往復することもしばしば。他にも帝王切開の時の第二助手や腹部エコー、ラパロの練習など多くのことを経験できます。

今回のブログの写真はラパロの写真と先輩方が残したタイムアタックの成績表です。病棟の奥に自由にラパロの練習ができる部屋があって、産婦人科を回っていない初期研修医や後期研修医がコソ練をしています。ポートに鉗子などを入れ、3回結紮し、ハサミで切るまでにかかる時間を測定しています。タイムアタックばかりを意識しすぎて結紮が甘くなるのは問題ですが、時間を短くするという目標があるとやる気になります。来年以降県中で研修する後輩たちと楽しくラパロの練習をしたいですね。

ラパロ練習

タイムトライアル

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031