ホーム > 部門のご案内 > 緩和ケア > 担当者のご案内

診療科・部門のご案内

緩和ケア 担当者のご案内

基本方針

2002年世界保健機構(WHO)は、緩和ケアの対象を『生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族』とし、その内容を『痛みやその他の身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確なアセスメントと対処(治療・処置)を行うアプローチ』と定義しました。また、目的を『苦しみを予防し和らげることで、クオリティ・オブ・ライフ(生命の質)を改善すること』と定義しました。

このように、がんに限らず、重篤な疾患による体のつらさや気持ちのつらさをお持ちの患者さんと家族はすべて、早期から広い意味での緩和ケアを受けることができます。しかし実際には、緩和ケアを必要とされている多くの患者さんやご家族に十分なケアが提供されているとは言えないのが現状です。

現在、当院には

  1. 一般病棟での緩和ケアチーム・コンサルテーション(主治医グループの依頼を受けて、つらさを和らげる方法について医師・看護師・薬剤師などからなるチームがアドバイスを行う)
  2. 緩和ケア病棟での専門的ケア(15床の独立型病棟、つらい症状を和らげ、より良い生活を実現できるようお手伝いいたします)
  3. 緩和医療科外来

があります。

緩和ケアは決して生命の終わりを早めたり、抗がん治療の効果を妨げたりするものではありません。また、特別な思想や宗教、信条などに基づいて行われるものではありません。あくまでも、がん患者さんの痛み、吐き気、倦怠感、呼吸の苦しさ、精神・神経症状、気持ちのつらさなど、療養上のさまざまな問題に対し知恵を集めて改善してゆくことを専門にしています。

スタッフのご紹介

氏名 資格 専門
神谷 浩平

平成13年卒
緩和ケア病棟医師

日本緩和医療学会「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会」推薦指導医
日本がん治療認定機構がん治療認定医
日本麻酔科学会専門医・標榜医

医師臨床研修指導医

 
奥山  恵

平成25年卒
緩和医療科医師

日本内科学会内科認定医

 
岸 真知子

平成15年卒
(兼)緩和ケア医師

精神保健指定医
日本精神神経学会専門医
日本医師会認定産業医

心療内科・精神科
山川 美樹子

昭和61年卒
(兼)緩和ケア病棟協力医

麻酔科標榜医
日本麻酔科学会指導医
日本ペインクリニック学会認定医

麻酔科
鈴木 克典

昭和63年卒
(兼)緩和ケア病棟協力医

日本内科学会認定内科医
日本肝臓学会専門医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本超音波学会専門医

消化器内科

山形県立中央病院のページトップへ移動する